因果論

 

 

いつしか花は枯れゆくと

耳を塞いで知らないふりをしてた

 

勘違いの中 遊ばれた

間違いだらけでも貴方を抱きしめてた

 

言葉だけ会いに来て

心は置き去りだった

 

笑えない夜を幾つも超えてきたから

私達、此処で巡り出逢えたのかな

 

覚めた夢から 意識だけ

現実の中 戻ること出来なかった

 

幻のように消えて

弾かれた浅い眠りが

 

いつしか朝は来て

貴方を待ってる

 

笑えない夜を幾つも超えてきたから

私達、此処で巡り出逢えたのかな?

覚束ないままの 呼吸でぼやけたとしても

愛して、転んで、それでも足掻いて

 

「貴方」を生き続けてよ。

 

 

 

作詞作曲:心春