旅人

 

 

闇に飲み込まれる前に 

僕はそっと目を覚ました

深い森の夢を見ていた

 

耳に残る鴉の声

鈍い身体 軋んだ音

朝を拒む心が吐いた

 

持て余してた明日が突然消えてしまいそうだ

「大丈夫だって、まだ...。」

 

惑わせないで

愛してたって胸を張っていたいから

このまま貴方の手を掴んでいたい

見えなくなってしまう、貴方が愛しくて

 

季節を捲る指の先で

触れた肌が愛しかった

傷で描く心が腫れた

 

極彩色の華が

唯一の色を知ったとき

満たされなかった意味を知ったの

 

惑わせないで

愛してたって胸を張っていたから

このまま貴方の手を掴んでいたい

 

消えてくれない貴方の声が

このままじゃ「さよなら」出来ないから

貴方の夢 忘れないわ

見えなくなってしまう、貴方が愛しくて